出費を減らすために

私にとってお金が無いと感じるときは沢山有りました。

 

例えば買い物中100円にもならないような商品の消費税がいくらかを必要以上に気にしたり、定価50円にもならない肉ですら半額にならないと買う気が起きないことに気が付いたり、そして逆に割引率が65%を超えている商品は欲しくもないくせに気になってしまい、それが頻繁に見切り商品になっているものだった場合何とか自分の生活で生かせないかと考えてしまったときです。

 

もちろん安くなる物には安くなるだけの理由があるので役に立ちませんでした。こうなってしまうと精神的にも貧乏になりあらゆる出費が苦痛になったり、ほんの数10円の無駄で大分苛立ってしまいます。そういう風になったときは何をやってもうまくいかないことが多いです。

 

なんせあらゆる出費が苦痛なのですから何かをすれば金がかかりそれが気になり、何もしなければ精神的に成長することがなく次出費したときに結局苛立ちます。そこでこうなりそうになったら、もしくはなってしまったけど立ち直ったら二度とこうならないよう対策すべきです。

 

人間生きていくうえで出費は避けられないのでやはり収入を増やさないことにはお金が余ることはありません。しかし簡単に収入が増やせたら苦労しませんね。ここは出費を減らすしかありません。

 

出費を減らすために私は家計簿をつけています。すると何にどれだけ使ったのかや外食の頻度などが一目で分るようになり必要経費だと思っていた出費が思いのほか大きかったり、あまり効果の無い息抜きに気が付くことができ出費の最適化が図れます。

 

結局お金が足りなくて困り精神がやられてしまってはどうしようもないので予防が一番ですね。